ミズタ整形外科

トップページ
診療科目
お知らせ・情報
クリニックのご紹介
予約方法
主な診療設備

お知らせ・情報

スポーツテーピング指導のお知らせ

当院では診療中スポーツトレーナーがリハビリ室に常勤しています。
スポーツテーピングのご希望がある方は、診察の予約をお取りいただきその後個人的に指導いたします。

日曜日受診の患者さんへ

当院日曜日の診察は大変混み合います。
医師一人で対応しており、基本的に予約診察のため、予約外の患者さんは急患(外傷・急性発症)の患者さんに限らせていただいております。
大変恐縮ですが、急患以外の患者さんのご来院(予約外での)は、日曜日はなるべくご遠慮下さるようお願い申し上げます。

妊娠・授乳されている患者さんへ

腰痛や他の痛みでお悩みの妊婦さんや授乳されている患者さんには、処方可能な鎮痛剤や鍼治療などの安全な治療法がありますので、ご遠慮なく受診して下さい。

代診医のお知らせ

毎月第1土曜日、第3水曜日の午前中は院長に代わり、代診医の診察となりますので、よろしくご承知おき下さい。

『「日整貝」をブチ開ける会』有志募集のお知らせ

整形外科医を40年やってきまして、開業後17年経過しました。 今までに未熟な自分を教え頂いた先輩諸兄には申し訳ないですが、 整形外科の診断治療にはフェイク(偽り)が多すぎます。 開業して10年は気がつきませんでしたが、多くの患者さんから教わった事実とMPS研究会(現日本整形内科研究会)を通してペインクリニックの基本を再度勉強し直し、 今までの整形外科診療(主にガイドライン)の嘘に気づいて自分の治療方針を大幅に変更しました。 手術を必要とせず軽快治癒していく患者さんを見ると、今までの外来ストレスから開放されます。 私のような医師は周りを見回しても殆どおらずこのまま孤高の診療を続けるよりは、 有志を募って一緒に学んでいければ患者さんのためになると信じています。日本整形外科学会(日整会)専門医は2年前に返上しました。
日整会は間違ったガイドラインの修正を全くしようとしない閉じた貝のようです。私は独断と偏見を持って、 「日整会」 「日整貝」と命名しました。 皆で力を合わせてこの頑固な貝をブチ開けて、フェイクガイドラインをブチ直したいと考えています。
賛同される整形外科医有志の方は是非メールでお知らせ下さい(8/1/2019)。
(連絡先:mizuta-seikei@k4.dion.ne.jp)

ページのTOPへ